1分で分かるフラット35とフラット35Sの違い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2人の女性と家

こんにちはスマイリーかずです。今日は、フラット35とフラット35Sの違いについて解説していきます。

フラット35Sとは!?

フラット35Sは、新たに購入する物件が、省エネ性、耐久性、耐震性、バリアフリー性どれか一つでも当てはまれば対象となり、通常のフラット35よりも厳しい基準を満たした時に適用されます。

住宅の性能によって、金利の引き下げ期間が10年間の金利Aプランと5年間の金利Bプランがあります。金利引き下げ期間の長い金利Aタイプの方が、技術基準はやや厳しめ設定されています。

新たに購入する物件で、新築物件、中古物件は技術基準を満たしていれば、問われませんが、借り換えには使用できないデメリットがあります。

フラット35Sには、毎年、全体での申し込み限度額があらかじめ設定されており、申し込みが多く限度額に達成した場合、早く締め切られる可能性があります

フラット35のおさらい!

フラット35の利用条件を見てみましょう。

 フラット35の利用条件

フラット35のメリットとデメリットを見てみましょう。

 %e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%8835%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a8%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

フラット35について見て頂きましたので、フラット35Sとの違いをまとめます。

フラット35とフラット35Sの違いは!?

・フラット35Sは、フラット35に比べるとより建物の技術基準が厳しいため、耐久性などの信頼が高くなるのがメリットです。

・フラット35Sの最大のメリットは、金利の引き下げにあります。金利Aタイプは、10年間フラット35の適用金利から年-0.6%になります。

・フラット35Sの最大のデメリットは、借り換えができない点です。フラット35は、借り換えにも適用されますが、フラット35S借り換えに使用できない決まりになっています。

・フラット35Sのもう一つのデメリットは、中古物件においてフラット35Sに適用するか適合証明書を取得しないといけないですが、その適合証明書を取得する費用が追加で必要なので、手間が掛ります。

まとめ

フラット35Sは不動産購入される方限定!

フラット35Sは、金利が安くなり、建物の技術基準が満たされた物件を新たに購入される予定の方は検討されてみてはいかがでしょうか。

借り換えを検討中の方にとっては、借り換えに使用できないので、フラット35Sはいくら金利が安いと言っても使えないので意味がありません。

ただし、借り換えでも住宅ローン金利のシミュレーションを活用することで、今返済中の住宅ローンよりも金利が安くなるケースが増えており、借り換えのチャンスが到来しています。是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

住宅ローンシミュレーション

>>住宅ローンの新規借入検討中の方はこちら

>>住宅ローン借り換え検討中の方はこちら

 

コメントを残す

*

CAPTCHA


PAGE TOP