フラット35を検討中の方に朗報です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぶたの貯金箱と家

こんにちはスマイリーかずです。今日は、2017年10月から変更になるフラット35について解説していきます。

2017年10月以降のフラット35変更点

フラット35は団体信用保険が付いた住宅ローンになります。

今までのフラット35では、団体信用保険を任意加入としていました。任意加入でも、実際は団体信用保険に加入されている方は多く、年に一回、住宅ローンの返済とは別に支払っていました。

2017年10月以降にフラット35を申し込むと、病気等で団体信用保険に加入できない場合を除いて、団体信用保険が自動でフラット35に付くことになります。


この団体信用保険を簡単におさらいしましょう。団体信用保険は、住宅ローンを借り入れして、返済している途中で亡くなっても、残りの住宅ローン残高は保険金でまかなわれ、住宅ローンの残高がゼロになります。


2017年10月からのフラット35では月々の金利に団体信用保険料として年0.28%の金利が上乗せされる仕組みで、月々の返済と共に支払うことになります。


また、3大疾病付き団体信用保険があり、その場合は追加で年0.24%の金利が上乗せされます。


例えば、2017年9月のフラット35の最低金利1.08%を適用すると、団体信用保険付きで年1.36%、3大疾病付き団体信用保険で年1.6%となります。


病気などの健康上の理由で団体信用保険に加入できない場合は、新しい制度のフラット35の金利から年0.2%差し引いた金利です。

フラット35Sの金利引き下げ幅を年0.3%から年0.25%に変更します。

フラット35Sには、建物の省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性等の技術基準があり、この基準を満たす必要があります。

このフラット35Sの基準には、建物の技術基準に応じてAプランとBプランがあり、Aプランは借り入れから10年、Bプランは借り入れから5年の間、フラット35の適用金利から金利を引き下げる事ができます。


2017年10月より、フラット35Sの金利は、年0.3%の引き下げ幅が年0.25%に変更するので、若干の金利引き上げになります。

新しいフラット35のメリット

団体信用保険料が少なくなる?

今までのフラット35では、団体信用保険が付いておらず、任意で加入していました。そのため、フラット35の返済以外に団体信用保険料を年に一回支払う必要があります。

しかし、2017年10月以降のフラット35では、金利が上がる分で団体信用保険料を負担することになるので、毎月の支払いを行うことで、年1回の大きな負担を軽減することができます。


それでは実際に総返済額を比較してみましょう。2017年9月のフラット35の最低金利1.08%を適用すると、団体信用保険付きで年1.36%、3大疾病付き団体信用保険で年1.6%となります。3000万円を借り入れした場合で確認してみます。
フラット35の返済比較
2017年9月にフラット35を借り入れする場合と、2017年10月以降に借り入れを行う場合において、来月も金利が変わらなければ、概算80万円程お得になりますので、フラット35を検討中の方は来月以降に申し込みをされると良いでしょう。

機構団体信用保険の保障範囲が幅広くなる

費用が少なくなるだけでなく、団体信用保険の内容も良くなります。今までの機構団信では高度障害だったのが、身体障害保障へ拡充します。
住宅金融支援機構の資料
(出典元:住宅金融支援機構、出典元のhttp://www.flat35.com/topics/topics_201703_danshin.html)
身体障害保障の内容は、心臓へのペースメーカーや人口透析によって、日常生活が制限されるような場合に住宅ローン残高を返済しなくていいという保障に変わります。


今までの住宅ローン団体信用保険では、身体障害まで保障するものは2017年2月時点においてないので、国内初です。

まとめ

2017年10月以降のフラット35は大きく変わり、しかも住宅ローンを借り入れする方にとっては、費用負担が軽減されながら、団体信用保険の保障内容まで良くなるので、2017年10月以降にフラット35の申込みをされるのをおススメします。2017年10月以降に申し込みを行う金融機関を今の内から探しておきましょう。

住宅ローンシミュレーション

>>住宅ローンの新規借入検討中の方はこちら

>>住宅ローン借り換え検討中の方はこちら

 

コメントを残す

*

CAPTCHA


PAGE TOP