住宅ローンの保証料VS事務手数料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
白いペンと電卓

こんにちは現役FPのスマイリーかずです。今日は住宅ローンの保証料と事務手数料の違いと、どちらの方がお得なのかを解説します。住宅ローンの保証料については、前回までの記事に載せていますので、ご参照下さい。
まず、事務手数料とは何なのかを見ていきましょう。

住宅ローン事務手数料

住宅ローンの事務手数料とは、銀行等の金融機関から住宅ローンを借り入れる際に、金融機関に払う手続き代行の手数料です。

一般的に、支払う方法は、2パターンあります。一つは、契約の時に一括で、3万円~5万円の決まった金額を払うのと、もう一つは、融資額の1%~2%と金額は融資額に応じて変動して払うケースがあります。


契約時に一括で決まった額を払う場合は、都市銀行や地方銀行に多く見られ、住宅ローンの保証料が追加で掛ります。一方の融資額に応じて支払う場合は、ネット銀行等の住宅ローン保証料が掛らない銀行に多く見られます。


例えば、2,500万円の住宅ローンを借り入れた場合、事務手数料が固定の場合、5万円程度ですが、融資金額に応じた事務手数料が掛る場合、手数料率が2.1%で525,000円も掛ることになります。


事務手数料だけを見れば、前者の固定で支払った方がお得になりますが、住宅ローンの保証料が掛かります。そのため、住宅ローンの諸費用において、保証料と事務手数料等の全てを含めたトータルの諸費用を見ていくことが大切になります。


特にこの事務手数料と住宅ローンの保証料は、諸費用の中でも大きく変動する部分ですので、比較を行うことが必要です。

保証料VS事務手数料

数行の銀行に住宅ローンを申し込んでおり、どちらの銀行で借り入れを行うか迷っている方や、いくらか諸費用を安く済ませたいと考えられている方は、住宅ローンの保証料と事務手数料の比較を行うことをおススメします。

2,500万円の借り入れを行った場合の事務手数料と保証料、トータル諸費用の違いを図で見ていきましょう。今回は、金利を考慮せず、諸費用部分のみの比較を行います。事務手数料は住信SBIネット銀行を例に、保証料は三菱東京UFJ銀行を例にします。


まずは、事務手数料と保証料共に契約時に一括で支払う場合を見ていきましょう。

事務手数料と保証料比較

住宅ローンの保証料と事務手数料をどちらも契約時に一括で支払った場合、掛る費用に大きな違いは見られませんね。このパターンでの違いは、住宅ローンの金利の差で総返済額が変わることになります。

次に、事務手数料は一括で、保証料は利息組み込み型の場合を見てみましょう。どちらの住宅ローンも35年間支払い続けたと考え、概算の費用を比べてみます。

事務手数料と保証料比較

一括で支払う事務手数料と利息に組み込む保証料だと約43万円も費用に差が出ます。諸費用を考えると一括で支払う方が断然お得になります。

まとめ

住宅ローンの事務手数料と保証料は共に一括で支払うと大きな差は出ないことがわかりました。しかし、事務手数料の一括支払いと保証料の利息組み込み型だとバカにならない金額の差が出てしまいます。そのため、この事務手数料や保証料を支払うための頭金を用意でしておくのが望ましいですね。

住宅ローンの総返済額を抑えるためには、この事務手数料や保証料だけでなく、住宅ローンの金利が大きく関わります。住宅ローンの借り入れ、借り換えの際には、住宅ローンの諸費用だけでなく、住宅ローンの金利にも目を配りましょう。

住宅ローンシミュレーション

>>住宅ローンの新規借入検討中の方はこちら

>>住宅ローン借り換え検討中の方はこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA


PAGE TOP