住宅ローンいくら借りられるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
万札 札束

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。今日は住宅ローンどのぐらいの金額を借り入れ出来るのかを解説します。家を購入する際にいくらぐらいの借入が可能なのか、不動産会社や銀行に行く前に大まかな金額を知っておきたいですね。

家の購入費用の全額を住宅ローンで借り入れ出来るとは限らないので、目安となる法則を知っておきましょう。

返済が可能かどうか!?

銀行は貸したからには返してもらわないと困ります。そのため、返してもらえないと思う金額を貸してくれる銀行は、今のところ無いに等しいです。貸してくれる金額が、一応の返済可能額です。

ではどこをチェックしているかというと、前回の記事にも書いた返済比率です。この返済比率は、ローンの年間の返済額が税込み年収の何%になるのかを見る一つの指標で、上限の借り入れる額を、大方把握できます。

金融機関によって少しの差はありますが、一般的な年収に対するパーセンテージの返済比率の例を載せます。

返済比率

例えば、税込み年収500万円の場合、返済比率は35%ですので、年間返済額は500万円×35%=175万円です。この175万円を12か月で割ると月々14万5800円が月間の返済額上限となります。

ただし、この月々返済額の上限だけで計算すると、5000万円近くの住宅ローン借り入れが可能になってしまいます。そこで、銀行が審査をする時に、実際に借り入れする金利よりも高い金利で上限借り入れ可能額を計算しています。その金利は4%前後の金利になります。これを審査金利と言います。

おおよそいくらぐらい借り入れ出来るかの上限を計算すると、3200万円程になります。皆さまが計算する時は、35年返済が可能な年齢で、他に借り入れがない場合は、税込み年収に6を掛けると、おおよそ借り入れ可能額の上限になります。

ただし、この税込み年収に6を掛けるのは、自動車ローンなどの月々返済しているローンがない場合です。もしも、自動車ローン等で月々返済しているものがあれば、そのローン分の年間返済可能額が減ってしまうので、住宅ローンの借り入れ上限額が変わります。

皆様にとって身近なもので、この年間返済可能額を減らしているものがあります。それは、カードローンです。カードで商品を買って支払う分とは別にカード会社からお金を借りた場合ですね。

カードローンは身近な存在で、借り入れを行っている方をよく見かけますが、住宅ローンの審査を行う時にはこのカードローンの利用状況を見られるケースがあり、考えていたほどの金額にならず、買いたかった家を泣く泣く買えなかったというケースが良くありました。

そこで、次回は、どういった個人情報が審査に影響するのかを書きたいと思います。

まとめ

借りられる金額と返せる金額は人それぞれの生活スタイルに応じて違いますが、銀行は返してもらえると思う金額しか住宅ローンを貸してくれないのです。

住宅ローンには年収に応じた返済比率と審査金利があり、他に借り入れが無ければ、税込み年収の約6倍が借り入れ可能額と考えて良いでしょう。

住宅ローンシミュレーション

>>住宅ローンの新規借入検討中の方はこちら

>>住宅ローン借り換え検討中の方はこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA


PAGE TOP