住宅ローンの保証料は何で支払う必要があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
住宅とお金

こんにちは現役FPのスマイリーかずです。今日は住宅ローンの諸費用で一番高額になる住宅ローン保証料について解説します。住宅ローン保証料は払う必要があるのかも含めて考えていきましょう。

住宅ローン保証料とは何?

住宅ローンの保証料は、保証人を立てずに住宅ローンを申し込む場合に保証会社に支払う費用であり、皆さんが住宅ローンの返済が出来なくなった時に、保証会社が代わりに住宅ローンを支払ってもらうために払うお金です。

銀行にとっては、住宅ローンを払ってもらえるように保険を掛けているのです。


保証会社が皆さんの代わりに住宅ローンを払ってもらえるのであれば、皆さんは住宅ローンの返済をしなくても良いと考えてしまいます。もし皆さんが保証会社が払ってくれるので、住宅ローンの返済を支払わないのであれば、保証会社は一瞬で倒産しますね。


そのため、保証会社が皆さんの住宅ローンを代わりに返済した後、保証会社から返済を迫られるのです。要するに、住宅ローンの返済先が銀行から保証会社に替わるだけです。


では、保証人を立てれば、この住宅ローン保証料が掛らないのかというと、そう上手くはいきません。ほとんどの銀行では、住宅ローンの借入条件に保証会社による保証を受けることと書かれています。そのため保証人を立てて住宅ローン保証料を払わないことは出来ないのです。

住宅ローン保証料は必要?

住宅ローン保証料は、保証会社が皆さんの住宅ローンを代わりに返済した後、保証会社から返済を迫られ、住宅ローンの返済先が銀行から保証会社に替わるだけなので、あまり意味のない費用です。一番良いのは、住宅ローン保証料ゼロの銀行を探すことです。

住宅ローン保証料が全くかからない銀行は、住信SBIネット銀行、楽天銀行、じぶん銀行等のネット銀行や、ソニー銀行、イオン銀行、新生銀行等の対面の銀行です。また、住宅ローンのフラット35でも保証料は不要です。


ただし、この銀行では、住宅ローン保証料が掛らない分、事務手数料が割高に設定されています。この事務手数料と保証料どちらが高くなるのか比較を行うことをおススメします。
次回は、この事務手数料と保証料の比較を書きたいと思います。

まとめ

住宅ローンの保証料は、出来るだけ支払いたくない費用です。しかし、ほとんどの銀行では、まだまだ必要な諸費用です。この住宅ローン保証料は全くの無駄な費用なのか検証する必要がありますね。

住宅ローンシミュレーション

住宅ローンの諸費用を比較するサイトとして、こちらを使ってみて下さい。

>>住宅ローンの新規借入検討中の方はこちら

>>住宅ローン借り換え検討中の方はこちら

 

コメントを残す

*

CAPTCHA


PAGE TOP