2016年10月の住宅ローン金利速報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビルと夕日

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。2016年10月の住宅ローン金利速報をお伝えします。2016年10月の住宅ロ-ン金利は2016年9月と比べると、どのように変化したかを解説します。

金利情勢は!?

長期金利は実質利上げ!

2016年10月の金利状況は、921日に日銀の金融政策決定会合で長期金利を0%程度に誘導し、新発10年物国債の利回りがマイナスになるのを抑える政策に転換し、実質的には利上げとなり、その影響を住宅ローンは受けました。

短期金利は、一般の銀行が日銀に預ける当座預金口座の内、追加で預けるお金の残高に-0.1%の金利を適用するのを継続するとのことです。その意味では、マイナス金利が継続することになります。

 国債は買いたい人が増える(買いが入る)と、価格が上がるが利回りは下がります。逆に国債を持っている人で売りたい人が増える(売りが入る)と、価格が下がるが利回りは上がります。

 今回の会合で日銀は、国債を買う量を減らしました。そのため、住宅ローン金利にも長期間の借り入れタイプで金利の上昇が確認でき、金利が一服してきています。それでは、2016年10月の住宅ローンの金利状況を見てみましょう。 

住宅ローンの金利状況は!?

住宅ローン金利の転換点か?

住宅金融支援機構は、返済期間21年以上35年以下である長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の適用金利を9月に比べて0.04%引き上げ、年1.06%となりました。フラット35の住宅ローン金利は、9月に引き続き上昇しました。

 930日に発表された大手銀行の住宅ローン金利を見ていきましょう。主力の10年固定型の最優遇金利は、みずほ銀行が、年0.7%、三菱UFJ銀行が、年0.6%、三井住友信託銀行が、年0.45%と、いずれも9月の金利と変わらない水準です。

 しかし、日銀の金融緩和策の修正を行い、新たに長期金利を操作することを決めたことから、長期間の市場金利が上がり始めたことを受け、フラット35と同様に20年を超える固定型住宅ローン金利を引き上げる動きが出てきました。

 みずほ銀行は、20年固定金利型を年0.05%引き上げ、店頭表示金利を年3.35%にすると発表し、三菱東京UFJ銀行も、20年固定の金利を年0.05%引き上げ、店頭表示金利を年4.2%にしました。

 ネット銀行を見てみると、住信SBIネット銀行が、10年固定金利型を0.03%引き上げ、年0.5%としました。変動金利型は、年0.497%に据え置きです。

 最近では、住宅ローン金利が過去最低水準となっていることもあり、借り換えを検討されている方が増え、住宅ローンの審査に時間が掛かる場合が多くなりました。借り換えを検討中の方は、仮審査だけでも早めに通しておき、金利動向を見極めながら、借り換えを行うことをおススメします。

今後の金利動向は!

日銀の金融政策決定会合で実質的に利上げを行いましたが、住宅ローン金利は今後もどんどん金利が上昇する場面ではないと考えます。

 短期金利でのマイナス金利は継続を行い、今後の物価動向では金利を下げることも十分に考えられるため、住宅ローンの金利の目安となる長期金利の下限と上限が決まった捉えると良いです。

 住宅ローン金利の下限と上限が決まったということは、ここから数か月は金利の変動も少なくなると考えます。長期間固定の住宅ローン金利に上昇が目立ちましたが、今の金利水準でも過去最低水準には違いありませんので、今から借り換えや新たに借り入れするには絶好の機会となります。

住宅ローンシミュレーション

>>住宅ローンの新規借入検討中の方はこちら

>>住宅ローン借り換え検討中の方はこちら

 

コメントを残す

*

CAPTCHA


PAGE TOP