2017年10月住宅ローン金利最新速報!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グラフとスーツ男

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。今日は2017年10月の住宅ローン金利速報をお伝えします。2017年10月の住宅ローン金利は、2017年9月と比べて、どのように変化したのかを解説します。

金利情勢は!?

2017年10月の住宅ローン金利を決める2017年9月の長期金利の動向をお伝えします。住宅ローン金利を決める上で重要な指標の10年物国債金利の推移を見てみましょう。
2017年9月 10年物国債利回り

(出典元:日本相互証券株式会社、出典元のwww.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata01.html

2017年9月の金利情勢は、2017年10月の金利が決まる9月中旬までは日銀による長短金利操作により、10年物国債利回りの動きは安定していました。しかし、9月下旬に衆議院解散の意向がニュースで取り上げられたました。

今回の選挙の争点となりえる消費税の使い道に、元々は借金返済に充てる予定の資金を一部、幼児教育の無償化などに回す方針になるとのことから、国の財政再建への道のりが険しくなり、国の財政悪化懸念が出てきました。小池都知事の希望の党にしても、増税は凍結する方針としており、どちらが勝っても、財政悪化懸念が出てしまいます。

また、米国金利の影響もあります。2017年12月に米国金利を引き上げる予定と伝わり、世界的には金利の上昇局面に入っていると言えます。日本の金利は、日銀による長短金利操作によって金利は抑えられていますので、すぐに大幅な上昇はないとしても、金利の動きは転換期に来ていると考えます。それでは、2017年10月の住宅ローン金利にどのような影響が出たのか見てみましょう。

住宅ローンの金利状況は!?

フラット35

住宅金融支援機構は、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」を2017年10月より団体信用保険付きとなり、返済期間21年以上35年以下の商品での適用最低金利を年1.36%としました。

団体信用保険を付けないで利用する場合、フラット35の適用金利より年0.2%差し引かれます。2017年9月の金利が年1.08%と比べ、団信なしと仮定すると、2017年10月金利の年1.36%-団信なしの割引年0.2%=年1.16%となり、年0.08%金利は上昇しました。

変動金利の最優遇金利

2017年9月29日に発表された大手銀行の住宅ローン金利を見ていきましょう。
三菱東京UFJ銀行 9月 年0.625%→10月 年0.625%
三井住友銀行  9月 年0.625%→10月 年0.625%
みずほ銀行   9月 年0.625%→10月 年0.625%
変動金利は2017年9月と変わらず日銀の長短金利操作により、短期金利が抑えられている状況から、変動金利の動きは相変わらず安定しています。日銀の金融緩和を行う間、金利の動きは安定します。

ネット銀行の金利動向を見てみましょう。
楽天銀行      9月 年0.507%→10月 年0.507%
住信SBIネット銀行  9月 年0.444%→10月 年0.527% 9月より年0.083%引き上げ
ネット銀行では2017年9月の金利と比べて、住信SBIネット銀行は金利を引き上げていますが、2017年4月から続いたキャンペーンが終了したためです。

5年固定金利型の最優遇金利

2017年9月29日に発表された大手銀行の住宅ローン金利を見ていきましょう
三菱東京UFJ銀行 9月 年1.3%→10月 年1.3% 9月と変わらずです。
三井住友銀行  9月 年0.8%→10月 年0.8% 9月と変わらずです。
みずほ銀行   9月 年0.7%→10月 年0.7% 9月と変わらずです。
固定期間が10年未満の期間が短い住宅ローン金利は、長期金利よりも短期金利に連動しやすいので、金利は安定しています。

ネット銀行の金利動向を見てみましょう。
楽天銀行      9月 年0.918%→10月 年0.915% 9月より年0.03%引き下げ
住信SBIネット銀行  9月 年0.51%→10月 年0.51% 9月と変わらずです。

10年固定金利型の最優遇金利

2017年9月29日に発表された大手銀行の住宅ローン金利を見ていきましょう。
三菱東京UFJ銀行 9月 年0.75%→10月 年0.75%
三井住友銀行  9月 年1.05%→10月 年1.05%
みずほ銀行   9月 年0.8%→10月 年0.8%
大手銀行は3行とも2017年10月の住宅ローン金利は、2017年9月と変わらずの金利でした。10年物の国債金利が9月中旬まで安定していたことによるものです。

ネット銀行の金利動向を見ていきましょう。
楽天銀行      9月 年1.077%→10月 年1.081% 9月より年0.004%の引き上げ
住信SBIネット銀行  9月 年0.69%→10月 年0.77% 9月より年0.08%の引き上げ
ネット銀行では、楽天銀行、住信SBIネット銀行共に若干引き上げています。

15年固定金利型の最優遇金利

2017年9月29日に発表された大手銀行の住宅ローン金利を見ていきましょう。
三井住友銀行  9月 年1.45%→10月 年1.49% 9月より年0.04%引き上げ
みずほ銀行   9月 年1.1%→10月 年1.1% 9月と変わらずです。

ネット銀行の金利動向を見てみましょう。
住信SBIネット銀行  9月 年0.97%→10月 年1.02% 9月より年0.04%引き上げ

35年固定金利型の最優遇金利

2017年9月29日に発表された大手銀行の住宅ローン金利を見ていきましょう。
三菱東京UFJ銀行 9月 年1.35%→10月 年1.35% 9月と変わらずです。
三井住友銀行  9月 年1.66%→10月 年1.69% 9月より年0.03%引き上げ
みずほ銀行   9月 年1.19%→10月 年1.19% 9月と変わらずです。
35年固定金利型は、大手銀行3行とも金利は安定していました。

ネット銀行の金利動向を見ていきましょう。
住信SBIネット銀行 9月 年1.33%→10月 年1.33% 9月と変わらずです。

今後の金利動向は!

衆議院選挙の行方、2018年4月8日に日銀の黒田総裁の任期満了、2018年2月のFRB議長の任期満了の3つの要因が考えられます。衆議院選挙の結果がどうであれ、国の財政悪化懸念が解消されるような政策が出ないと、金利は徐々に金利は上昇に向かいそうです。

2018年4月8日に日銀の黒田総裁の任期満了によって、黒田総裁が変わり、日銀の政策変更があれば、金利の情勢は大きな転換となる可能性もありえます。

最後に米国のFRB議長が2018年2月に任期満了となり、金融緩和縮小の推進派に変わると金利上昇のスピードが一気に変わる可能性もありますので、今後の各国の金融政策への動向に注視していきたいですね。
金利の動向が変わる前に、住宅ローンも早めに検討しておきたいものですね。

住宅ローンシミュレーション

>>住宅ローンの新規借入検討中の方はこちら

>>住宅ローン借り換え検討中の方はこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA


PAGE TOP