返済額

家と大空

土地を探して注文住宅を建てる際の住宅ローン

こんにちは現役FPのスマイリーかずです。今日は土地を購入して注文住宅を建てる場合の住宅ローンはどうすれば良いのかについて解説します。 土地を購入して注文住宅を建てる注意点 住宅ローンは、住宅を建てるために借り入れるものですので、土地を買うためには利用できない住宅ローンも存在します。 住宅ロ……
続きを読む
携帯と電卓

じぶん銀行で住宅ローンを借り入れするメリット・デメリット

こんにちは現役FPのスマイリーかずです。今日はじぶん銀行で住宅ローンを借り入れした場合のメリット・デメリットについて解説します。 じぶん銀行とは? じぶん銀行は、2008年にKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して出来たインターネット銀行です。 日本経済新聞社から2017年1月に発表され……
続きを読む

住宅ローン借り換え、何から始めれば良いの?

こんにちは現役FPのスマイリーかずです。今日は住宅ローン借り換えは具体的に何を準備しておけばいいのか解説します。 現在の借入状況を確認しよう 住宅ローンの借り換えは、住宅ローンを新たに借り入れして、今返済を行っている銀行に残額を全て返済することです。そのため、今借り入れを行っている銀行と今後新た……
続きを読む
家とお金

優遇金利の当初と通期、どちらがお得?

こんにちは現役FPのスマイリーかずです。今日は金融機関から優遇金利を受けたものの、2種類ある優遇金利のどちらを選べば良いのかわからないという声を良く聞きます。その2種類の優遇金利についてお伝えします。 優遇金利には2つのタイプがある! 優遇金利は、主に、当初期間優遇タイプと全期間一律優遇タイプが……
続きを読む
3つの家と電卓

第一回住宅ローン、頭金はいくら必要?

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。今日は、家を購入する時に良く聞かれる頭金が必要かどうかについて解説していきます。 頭金は購入金額の2割と言われるが本当? 一般的に、家の購入金額の2割程度を目安にすると良いと言われており、もちろん頭金があるに越したことはありません。ただし、頭金2割必要と……
続きを読む
家と緑

あなたにとってフラット35はメリット?デメリット?第一回

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。今日は住宅ローン金利が過去最低を更新している中で特に相談される機会が多くなっているフラット35のメリットとデメリットについて解説します。 フラット35とは? フラット35は、住宅金融支援機構と民間の金融機関が協力して始まった住宅ローンです。借り入れした時……
続きを読む
電卓と家

住宅ローンにはそもそもどんな種類がある?

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。今日は住宅ローンの種類について解説していきます。住宅を購入する際に、不動産会社から提携先の住宅ローンを提案され、勧められるまま決めてしまうケースが多くみられます。 ただし、提案されるままに決めてしまうと将来こんなんじゃなかったのにと計画に狂いが生じるこ……
続きを読む
万札 札束

住宅ローンいくら借りられるの?

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。今日は住宅ローンどのぐらいの金額を借り入れ出来るのかを解説します。家を購入する際にいくらぐらいの借入が可能なのか、不動産会社や銀行に行く前に大まかな金額を知っておきたいですね。 家の購入費用の全額を住宅ローンで借り入れ出来るとは限らないので、目安となる……
続きを読む
人と人に守られている

住宅ローン借り換えデメリットとは!?

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。今回は住宅ローン借り換え時のデメリットと借り換えを検討した方が良い場合について解説していきます。 諸費用が新たにかかる 住宅ローンの借り換えは、新たに住宅ローンを借り入れして、現在借りている住宅ローンを返済することです。そのため、事務手数料や保証料等が再……
続きを読む
今後のプラン

住宅ローン借り換えメリットとは!?

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。住宅ローン金利が過去最低を更新している中で、住宅ローン借り換えを検討されている方が多く、どうしたら良いのか相談される機会が増えてきました。 メリットに目が行ってしまう傾向がありますので、今回から2回に渡って住宅ローン借り換えのメリットとデメリットについ……
続きを読む
財布に余裕がある女性

住宅ローン 固定金利VS変動金利どっち!? Part4

こんにちは、現役FPのスマイリーかずです。 前回までは固定金利と変動金利の特徴、メリット、デメリットについて解説してきました。このメリット、デメリットから住宅ローン固定金利と変動金利どっちがお得かについて解説していきます。 住宅ローンはシンプルに考える!! 住宅ローンを検討する際において、ネ……
続きを読む

変動金利で借りてもOKな人

前回の「変動金利を選択しても問題ない人」の続きです。 1. 返済比率に充分な余裕がある では、返済比率に充分な余裕があるって、 どれくらいの比率をさすのでしょう? 実は、明確な基準はありません。 ポイントとなるのは、 金利が上昇した時に対応できるかなんです。 次のグラフを見て……
続きを読む
PAGE TOP