民間の住宅ローン|住宅ローンの金利比較シミュレーションで笑顔に!オススメランキング掲載!

  •   >  
  • 民間の住宅ローン
その他の住宅ローン

民間の住宅ローン

提携ローンと非提携ローン

テレアポ女性がメリットを教えます

銀行を代表するように民間の金融機関が扱っている住宅ローンを民間ローンと呼びます。代表的なのは都市銀行の住宅ローンです。他にも信託銀行、地方銀行、信用金庫やネット銀行等があります。

大きく分けて民間ローンには提携ローンと非提携ローンがあります。提携ローンとは金融機関と不動産会社、または金融機関と勤務先が提携して提供している住宅ローンのことです。非提携ローンはそれ以外の住宅ローンとなります。

提携ローンは金利優遇等が受けられるケースが多いですが、利用出来る金融機関は限られます。しかし非提携ローンは自分で金融機関を選ぶことが可能です。近年では都市銀行を中心に、金利優遇キャンペーンも行われる等、提携ローンに引けをとらないところが増えてきています。

ライン

民間住宅ローンのメリット

民間ローンには公的融資やフラット35にはないメリットがいくつかあります。それを紹介していきましょう。

収入基準が緩やかである

これはフラット35等と比較すれば分かりますが、収入基準が緩やかであるため、条件が揃っていれば借り入れ希望額の全てを満たすことが可能です。

対象物件の規制が少ないこと

公的融資やフラット35等は価格、面積等、適応される物件の条件というものが決まっています。しかし民間住宅ローンではこれらの規制は少ないため、比較的どのような物件に関しても融資を受けることが出来ます。

借り換え利用が可能

財形住宅融資やフラット35等では住宅ローンの借り換えは出来ません。しかし民間住宅ローンでは借り換えも可能ですから、その時々の金利やキャンペーン、残高の状態によって住宅ローンの借り換えを検討することが出来ます。

家と緑以上のように民間住宅ローンは公的融資以外にも非常に魅力的な部分がたくさんあります。特に借り換え等、収入が時として変動してしまった場合などは安心です。

融資条件についても最終的に貸し出した資金が回収されればOKとしているところも多く、物件に対する条件が少ないので、中古物件でも管理がしっかりされていたり将来の資金回収に問題がないと判断されれば住宅ローンを組むことが可能です。