金利決定時期について|住宅ローンの金利比較シミュレーションで笑顔に!オススメランキング掲載!

  •   >  
  • 金利決定時期について
住宅ローンの知識

金利決定時期について

融資実行日に決定

カレンダー

住宅ローンを利用する際に最も気になることの1つ、金利がどれくらいになるだろう?という問題です。一般的な住宅ローンである住宅金融支援機構のフラット35や銀行等の民間金融機関の住宅ローンの金利は、実際に融資される日まで適用される金利は発生しません。つまり適用金利は融資実行日の金利が適用されることになります。

一戸建てやマンション購入の際にモデルルーム等を見学し、気に入って契約したとします。しかし家が完成するまでには半年以上かかったり、一戸建ての注文住宅では工務店とのやりとりもあったり、請負契約が完全に履行され、引渡しを受けてから入居、となりますから、入居までに1年かかるケースも少なくありません。

そこで住宅ローンの金利はいつの時点で適用されるのかということが問題になります。

適用される金利は融資実行日の利率が適用されます。ですから、例え金利が低い時に契約していたとしても、いざ本当に融資を受けた際に金利が以前より上昇していてもおかしくありません。この点をよく考えて住宅ローンを組むようにしましょう。

ライン キャンセル料はかからないGJ女性

キャンセル料はかからない

住宅ローンの融資には財形住宅ローン融資という公的融資もあります。この融資は申し込み時の金利が適用されます。ですから安心して融資を受けることが可能です。

一般企業に勤めている方で、財形貯蓄を持っている人は、もしもの金利上昇の事態に備えて両方の住宅融資に申し込むのも1つの手です。

申し込んだ住宅ローンのキャンセル料はかかりません。入居まで時間がかかる住宅購入を考えている方、金利の変動が気になる方は一般住宅ローンではその金利は融資実行日に決定するということを念頭に置いておきましょう。