必要書類について|住宅ローンの金利比較シミュレーションで笑顔に!オススメランキング掲載!

  •   >  
  • 必要書類について
住宅ローンの知識

必要書類について

一戸建てとマンションとで若干変わる

住宅ローンを提携ローンとして利用する場合、手続きに関しては業者が代行してくれることが多く、自分で書類を用意する必要がないケースもあります。書類の提出も業者に任せることが出来ます。

しかし自分にとって有利なプランを練る等、融通が効かない場合、特に金利推移が頻繁に変動している場合だと、非提携ローンのほうが有利なこともあります。自力で書類を全て揃えなければなりませんが、コストを抑えたい方にはオススメです。

非提携ローンで住宅ローンを利用するための必要書類は一戸建てとマンションとでは多少異なります。共通しているのは以下の3点です。

本人確認書類、所得証明書類、資金用途確認書類です。本人確認書類として必要なのは、住民票、印鑑証明証3通です。

所得証明書類はローンを組む人により異なり、給与所得者の場合「会社発行の源泉徴収票」「住民税決定通知書」

自営業の場合「納税証明書」「確定申告書」

経営者の場合「住民税決定通知書」「決算書類」

となります。

ライン 一軒家

一戸建ての場合追加で必要な書類

さらに一戸建ての場合、以下の書類が必要になります。

・「不動産登記簿謄本(土地、建物)」

・「建築見積書」

・「建築確認通知書(写し)」

・「建築請負契約書(写し)」

・「建物平面図、立体図、配置図」

・「付近案内図」

・「公図、地積測量図(写し)」

ライン マンション

マンションの場合

マンションの場合は次の書類が必要になります。

・「不動産登記簿謄本(土地、建物)」

・「売買契約書(写し)」

・「重要事項証明書(写し)」

・「建物平面図、立体図、配置図」

・「付近案内図」

・「国土法に基づく不勧告通知書」

以上が一戸建て、マンションに必要な書類一式となります。