住宅ローンの金利タイプ|住宅ローンの金利比較シミュレーションで笑顔に!オススメランキング掲載!

  •   >  
  • 住宅ローンの金利タイプ
住宅ローンの知識

住宅ローンの金利タイプ

全期間固定金利型

安心ハート

こちらの金利タイプは、借り入れから完済までの間、全期間の金利が固定されているものです。全期間の金利が一定のものはもちろん、一部フラット35に見られるように途中で金利が変わるものもあります。借り入れ後に金利が変動しても住宅ローン返済額には影響がありません。

家計の管理はしやすいでしょう。また総額の上限も分かります。毎月の家計管理を含め、老後の生活資金をふまえた生涯の資産計画が立てやすいのが特徴です。子供が小さく、これから教育費がかかってくる、今後返済額がアップすると返済が厳しいというような方には向いています。

ライン

固定金利期間選択型

当初の定めた金利が固定され、ある期間が終了すればその時点で金利をもう一度見直されるものです。

当初の固定期間は2年、3年、5年、10年、15年等、自分で選ぶことが出来ます。金融機関によって固定期間の種類が異なりますので最初に確認しておきましょう。また固定金利期間終了後、変動金利や固定金利選択を再度選べます。

見直し時の金利、返済額の上昇について上限は設定されていないので、大幅に金利が上昇すれば返済額が増えるので注意が必要です。現時点でお金がかかるが、今後余裕が出てきて金利上昇に対応出来るような方にオススメです。

ライン 金利タイプを調べる女性

変動金利型

変動金利型は基本、金利が半年に1回見直されるため、そのまま金利の変動の影響を受けます。返済額の改定は5年ごとになっており、改定後の返済額は従来の1.25倍というルールもあります。

毎月の返済額が5年間変わらないという一方、半年ごとに金利が見直されますから金利上昇が大きければ返済額の殆どが利息で埋まることになります。未払い利息のリスクもあります。繰り上げ返済で早めに元金を減らすことが大切になります。共働き等で家計に余裕がある人は、金利の少ない時を狙ってローンを組むのも良いでしょう。