借り換えの諸費用は?|住宅ローンの金利比較シミュレーションで笑顔に!オススメランキング掲載!

  •   >  
  • 借り換えの諸費用は?
住宅ローンについて

借り換えの諸費用は?

住宅ローンの諸費用について

住宅ローンの借り換えをすると、手数料等、諸費用が別途かかります。借り換えの諸費用にはどのようなものがあるのでしょう。

ライン

保証手数料

この手数料に関しては、金融機関により異なります。近頃では手数料無料の金融機関もあるようです。

ライン

保証料

お金を持つ主婦

これは金額に対する保証料です。連帯保証人が不要の代わりに、お金を払えばOKというものです。しかし保証料は融資額が大きければ大きいほど額が大きくなります。

住宅ローンの借り換えでかかる保証料で1000万円につき10万円から30万円ほどかかることもあるようです。この保証料の金額も借り換え先の金融機関によっては無料のところもあるようです。借り換え先を選ぶ際のポイントにしたいところです。

ライン

抵当権抹消費用

住宅ローンを完済した際に抹消することが出来ますが、借り換えを行う際には一度以前の住宅ローンを完済し、別のところから借り換えということになりますので、解除する必要があります。他に登録免許税、印紙税、さらに団信生命保険料や火災保険等の費用がかかります。住宅ローンを借り換えるというだけで諸費用だけでも何十万円もかかります。

手数料、保証料等を無料で住宅ローンの借り換えをしている金融機関も多数ありますから、そのようなところで借り換えを検討すれば諸費用節約になります。諸費用は金融機関により異なりますから、事前に問い合わせたり、色々な金融機関の資料をもらって比較検討するのが望ましいでしょう。

ライン 気合いを入れて働きに出る女性

住宅ローン借り換えに必要な諸費用

借り換え前の諸費用は今まで説明したとおりですが、新たに借り換えする際にも諸費用がかかります。

契約書貼付印紙税、事務手数料、保証料、抵当権設定費用等があります。さらに住宅ローンを完済するためにかかる費用、繰上げ返済手数料、抵当権抹消費用があります。

このように借り換え準備諸費用、借り換えのための費用だけでもかなりお金がかかることが分かります。借り換えのタイミングを逃さないためにも、前もって借り換えに関してリサーチしておくことをオススメします。