借り換えの手順について|住宅ローンの金利比較シミュレーションで笑顔に!オススメランキング掲載!

  •   >  
  • 借り換えの手順について
住宅ローンについて

借り換えの手順について

新たな借り換え先金融機関探しから

PCの前で悩む女性

住宅ローンの借り換えを行うには手続きが各種あります。まず手順としては、新たな借り換え先の金融機関選びから始めます。

銀行、信用金庫等、住宅ローンを扱っている金融機関では借り換えも行っているところが多数存在します。しかしそれぞれの金融機関では金利、手続きにかかる費用や手数料、返済期間や特典等、借り換えに関する色々な条件が異なります。

住宅ローンの借り入れは元本自体が高額ですから、少しでも金利が安く、手数料が安いところのほうが借り換えの際にはお得です。すぐに一箇所に絞り込むのではなく、様々な金融機関をあたってみて、比較し、検討することが大切です。

次にピックアップした金融機関に借り換えの相談をします。住宅ローンに関してあまり詳しくない人でも現在のローンに関する書類を持っていけば、借り換え先の金融機関で内容を分析、借り換えした後の返済のシュミレーションを行い、相談に乗ってくれます。借り換えを行う際にある程度イメージしていても、実際返済が始まればこんなに出て行くの?と思う人も少なくないのです。

借り換え前に返済シュミレーションを行うことで具体的な返済プランがはっきりしますから、現実とイメージのギャップが少なくなります。

ライン 握手をする二人

審査が通れば・・・

借り換えの相談に関してですが、これは言わずもがなですが対応の丁寧な金融機関を選びましょう。実際そこで借り換えをしなくても、シュミレーション段階まで丁寧に説明や相談に乗ってくれるところは信用出来ます。

借り換え先が決まれば、必要な書類、手数料等、必要経費を準備し、借り換えの申し込みをしましょう。申し込みをすれば、借り換え先では書類内容に基づき借り入れが行えるか否か、審査が行われます。

この審査に通れば無事借り換え申し込みが受理されましたので、現在支払っているローンを一括返済する手続きをします。この一括返済には色々手続きが必要なので、借り入れ中の金融機関に尋ねてスムーズに返済出来るように準備しておいたほうがよいでしょう。

借り換えの契約を締結させれば新たに借り換え先から借り入れがスタートします。さらに住宅ローンが完済し、返済が終われば借り換えに必要なステップも終了ということになります。